カテゴリ:読書( 6 )

 

コロボックルの仕業?!

読書の秋?!

佐藤さとるさんの「コロボックル物語」に夢中でした。

借りてきた、古い本からは古い本の匂いがして、
読み進むと、本の間にこんなものが!!

f0202291_1229596.jpg

あ!!って声をあげてしまいました。
なんて、ステキな!
胸が熱くなってしまいましたよ。

嬉しくって、ますますページの匂いをかいでしまいました(笑)。
なんて、粋な。
この物語をすごく好きな方がいたんだろうなぁ。
いや、きっとコロボックルのシワザに違いない!!!!

今年、ベストいくつかのシーンに入っちゃうなぁ。
うそみたいな、映画みたいな瞬間でした。


それから先日も、
あっ!て、瞬間が。

紅葉の帰り道。
私のバットマンのやまぎわに?やまのはに?

f0202291_12302273.jpg


大好きな月が~♪
(写真は、ちょい加工してますが!)

今晩は、皆既月食ですからね。
見れるといいですね!

四葉のクローバー、思わずもらっちゃおうかとも思いましたが(笑)、
こんなすてきな出来事をこれから読む誰かにも味わってもらいたくて、
そっと返すことにいたしました。
夢中で読み進めた方にのみ、もれなくです(笑)!!
[PR]

by gori_rin | 2014-10-08 12:41 | 読書 | Comments(2)  

乱読!

f0202291_19503969.jpg

最近の読書。
どうも、映画がらみが多いです。「ミレニアム」には見事にはまり。
若かりし頃は、映画を観る前に予習はかかせませんでしたが、最近は間に合いません!
映画の面白さにつられて、結局。

オリジナルの映画が少ないのも残念なんですけどね〜。
付き合いでみた「麒麟の翼」が予想外に良くて、踏み込んでいいのか迷いつつ、
東野シリーズ、後日挑戦予定!

    スティーグ・ラーソン 『ミレニアム1・2』 早川書房
    五木寛之 『親鸞 激動篇』 講談社
    『磯野家の年金』 ゴマブックス株式会社
[PR]

by gori_rin | 2012-03-05 19:50 | 読書 | Comments(0)  

実ものもろもろリースとくだくだ。

人は逝き来る。
f0202291_2328363.jpg

見知ったような顔をして、そんなコトバを使ってみても、
さしたる重みを持つはずもなく。


ただ、誰かを喜ばせたかったり、そのことで自分が嬉しかったり、
時々のそんな日々。
f0202291_23333810.jpg



“季節はめぐるものです。”
f0202291_23284049.jpg

面白いといわれる作品の続編が面白いということは数少ないのですが、
読み始まった『神様のカルテ2』が存外に面白く。

今年のベスト1になろうか。
f0202291_020318.jpg

たびたびの作中の言葉に、状況に、自然の描写に、
登場人物の行動に感情をともにし、

「異国の風習もよかろう。」
f0202291_23303934.jpg

続編を期待しつつ、主人公のそんな言葉を想像しながら、
山形へと発送しました。

   “時とともに花は移ろい変わります。人もまた同じことだと思うのです”

f0202291_23282447.jpg

      
      夏川草介 『神様のカルテ2』 小学館
[PR]

by gori_rin | 2011-12-08 00:53 | 読書 | Comments(0)  

中村俊輔著 「夢をかなえるサッカーノート」 

 サッカー中村俊輔君が本を出していた!!

f0202291_2362718.jpg


 昔から、マスコミのインタビューにしっかり答える人だなぁと感心していましたが、なるほど毎年ノートをつけていたなんて、納得。 ますます感心。 
 海外に移籍してからはノーマークになってしまいましたが、まぁ、嫁をもらってしまいましたしねぇ(笑)。
やっと、サインの自慢が出来る!!(笑)

 宝物のサインは横浜F・マリノス時代? 日産にいた頃だったような。 うろ覚えですが、たまたま知り合った方の友人が日産にいて、サインを貰ってくれたんだよねぇ。ホントに感謝感謝。

 メモ紙に書いてあるところが、ポイントで、本物だろうと信じているんですけど、どうでしょうか?? たぶんユースかなんかで日本代表のだった頃のサインだったような・・・。 23はずっと背番号だと思っていましたが、(A代表で23をつけたことありましたっけ?いっとき、なんだよ~って思った記憶が?!) 本を読んだら、サインを貰っただろう時期がU-23の時期くらいでもある。 ん~たいしたことない、ファンぶりだなぁ・・・。
  プレーにね、夢があったの。技がさぁ。(笑)


 一緒に写っているサッカードラえもんはワールドカップフランス大会の頃だったかな?。 中田君に惚れていたので、背番号8、7のドラえもん。 大好きだったのさ。
f0202291_2363727.jpg


 どちらも夢中だったよ。懐かしいなぁ。

 中村俊輔著 「夢をかなえるサッカーノート」 文藝春秋
[PR]

by gori_rin | 2009-10-05 23:28 | 読書 | Comments(0)  

「ダブル・ジョーカー」 発見!!

f0202291_2252029.jpg

 柳広司 著 「ジョーカー・ゲーム」の続編です。
ここ一年くらいで、一番続編を期待していた作品だったので、見つけた時には声を上げそうになりました。
 嬉しいよ~。また読める!! わ~お~です!!

もちろん作品がおもしろいのですが、装丁・装画が作品イメージをうまく表現してるんですよね~。いい仕事してます。角川書店装丁室!

  柳広司 「ダブル・ジョーカー」 「ジョーカー・ゲーム」 角川書店

(ちなみに、大好きな村上春樹氏の最新刊は、まだ50ページ位で止まったままなんだよなぁ・・・。)
[PR]

by gori_rin | 2009-09-04 22:57 | 読書 | Comments(0)  

村上春樹氏新刊 

 友人が雑誌に載るというので、本屋へ行ったところ、ババーンと春樹氏の新刊が並んでました。

f0202291_21553643.jpg

 本が好きなだけに、もう本は買わない、借りて読むものと決めたのに。
パラパラと読んだ中に、「青豆さん」やら「枝豆さん」やら「空豆さん」のひびき、 首都高で渋滞にはまっているらしい主人公とタクシーの運転手さんのやりとり、そして運転手さんの答えで購入を決めていました。

  「~でも見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつきりです。」
はぁ~、いったい私は何を求めているんでしょうねぇ~。答えを出すのは自分なのに。


f0202291_2156178.jpg


 某雑誌の準準々々レギュラー位かと思われる、その友人もあっけらかんと言っていました。
 「でも決めるのは自分だから」
 ふぅ~ダメダメ・・・。

  いえ、まだ読んでいませんので、春樹氏の本の内容はわかりません。
わかるのは、やっぱり、彼の文体が好きってことと、えらく本が売れてるってことです。(笑)

  村上春樹著 『1Q84 BOOK1』 『1Q84 BOOK2』 新潮社
[PR]

by gori_rin | 2009-05-28 22:13 | 読書 | Comments(0)